遥かなる択捉島、また土を踏みたい 少女時代の景色は跡形がなくても

Laisser un commentaire