「彩花の存在、薄れることはない」 神戸の児童殺傷25年、父が手記

Laisser un commentaire